「MACD」じっくりトレードに向いている指標

今回は、テクニカル分析の指標「MACD」をご紹介します。

「マックディー」と呼ばれています。
Moving Average Convergence/Divergenceの頭文字をとって
MACDと表記します。

直訳すると「移動平均・収束拡散トレード」です。
移動平均線の側面としてトレンド系と
振れ幅を見るオシレーター系両方の特性をもったテクニカル指標です。
世界的にも人気があります。

動画では、
トレーディングビューを使って
わかりやすく解説しています。

トレーディングビューを開いて、
実践しながらご覧になってください。

※トレーディングビューの使い方はこちらのページで学べます

それでは動画を見ながら学んで行きましょう。

この記事は会員限定です。オンラインスクールに
登録すると続きをお読みいただけます。