ICOの本来あるべき姿とICOへの参加基準

ICOの本来あるべき姿とICOへの参加基準

ICOとはInitial Coin Offeringの略で
株式におけるIPO(証券取引所上の新規株式公開)の
いわば暗号通貨版と言えます。

つまり、これから〜という暗号通貨を発行しますよ、というときに
事前に資金調達を行うということです。

ICOはクラウドファウンディングプロジェクトのようなもので
応援のための資金集めとしてクラウドセールと呼ばれたりもします。

2017年10月現在ではICOという言葉をよく聞くようになってきました。
暗号通貨の種類も1000種類以上を超えており、
たくさんの案件・情報が飛び交っていますよね。

では、そもそもICOはどのようにして始まって、
ICOは何のためにあるのか?

そしてICOに参加するにはどのような基準で選ぶべきなのか?
動画でわかりやすく解説しています。

さっそくこちらからご覧下さい。

この記事は会員限定です。オンラインスクールに
登録すると続きをお読みいただけます。