特進クラス注目プロジェクト(銘柄)

暗号通貨には様々なプロジェクトが存在します。
2017年8月時点でも、世界中で1,000を越えるプロジェクトが存在しています。

暗号通貨大学校 特進クラスでは、
当サイトが注目するプロジェクトを具体的にご紹介します。

そのプロジェクトがどの業界のどんな問題を解決するのか?

校長が直々に解説いたします。

様々なプロジェクトを具体的に知ることで、
暗号通貨が持つ可能性を改めて実感するきっかけにもなるでしょう。

詳しくは動画をご覧ください。




 

暗号通貨の大まかな分類方法

暗号通貨は、2017年8月時点で約1,000種類以上存在していると言われています。

参考

Coin Market Cap

数が多すぎて頭が痛くなりそうですが、
これらの暗号通貨は大まかに分類することができます。

分類の方法はたくさんありますが、
暗号通貨大学校 特進クラスでは以下の分類方法で
暗号通貨を4つのに分けてカリキュラムを進めていきます。

  1. Bitcoin群
  2. Ethereum群
  3. Ripple群
  4. IOTA(アイオータ)

今後も新しい通貨が続々と登場することが予想されます。

暗号通貨大学校 特進クラスでも、注目プロジェクトをたくさん紹介していきます。

そんななかで、常にこの分類の視点を持っていると、あらゆる暗号通貨を体系立てて捉えることができるでしょう。

ぜひみなさんも頭に入れておいてくださいね。

この記事は会員限定です。オンラインスクールに
登録すると続きをお読みいただけます。